ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

原発拡散予測また訂正

 原子力規制庁は6日、全国の原発でメルトダウン(炉心溶融)など過酷事故が起きた場合の放射性物質の拡散予測で、九州電力の玄海原発(佐賀県)と川内原発(鹿児島県)の予測に誤りがあったと発表した。九電は風向きのデータを誤って伝えたため、解析結果の方位が正反対になったと説明、陳謝した。今回の誤りは鹿児島県の指摘で発覚。拡散予測の訂正は3度目となる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。