外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 福島県白河市の県営団地内の児童公園で、東京電力福島第1原発事故の除染で生じた土を十分に隔離せず、子どもも近づけるような状態で保管していたことが16日、分かった。県は不適切な管理だったとして、柵を設けるなどの隔離措置を取るとともに、関係部署に管理の徹底を通知した。

共同通信