外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京電力福島第1原発の汚染水問題が深刻化しているのを受け、福島県の内堀雅雄副知事は24日、東電の相沢善吾副社長と石崎芳行福島本社代表を県庁に呼び、抜本的な対策を取り、新たな漏えいが起こらないようリスク管理の徹底を求めた。内堀副知事は、地上タンクから高濃度汚染水約300トンが漏えいした問題について、原因を早期に特定し、同型タンクで再び漏えいが起きないよう必要な対策を講じることを要請した。

共同通信