外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 福島第1原発の淡水化装置の配管から高濃度汚染水が漏れて作業員6人が汚染されたトラブルで、東京電力は9日、漏えい量は推定約7トンと発表した。汚染水を浴びて体に放射性物質が付着した6人はいずれも体の拭き取りなどで除染。内部被ばくの可能性は低く、治療の必要はないという。放射性セシウムなどが出すガンマ線で0・11~0・42ミリシーベルト、ベータ線で0・2~1・2ミリシーベルトの被ばく線量だった。

共同通信