外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 原子力規制委員会は7日、原発関連の約1万8千点の資料を閲覧できる「原子力関係資料閲覧室」が13日に再オープンすると明らかにした。旧原子力安全委員会が運営していたが、昨年9月の規制委発足とともに閉鎖。8カ月たってようやく、規制委が入居する都内の民間ビルに開設される運びとなった。閲覧室では電力会社が提出した原発の設置許可申請書や、安全委の会合資料などを保管。昨年9月までは無料で閲覧できた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信