外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 原子力規制委員会の田中俊一委員長は24日の記者会見で、東京電力福島第1原発で増え続ける汚染水対策として「処理して放出濃度基準以下になったものを放出するのは、たぶん避けて通れない」と述べ、徹底して放射性物質を除去した水であれば、規制委として海洋放出を容認することになるとの考えを示した。第1原発では原子炉建屋などに地下水が流れ込んで毎日約400トンの汚染水が増加している。

共同通信