ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

原発、放射性ヨウ素も北西へ拡散

 日本原子力研究開発機構と米エネルギー省は26日、航空機で測定した放射線のデータから地表に沈着した放射性物質の量を算出する手法を開発、東電福島第1原発事故で放出されたヨウ素131が北西方向に拡散したことを示す分布図を作製したと発表した。同機構は「事故直後の住民の内部被ばく量を推定するための基礎データとして役に立ってほしい」と話している。ヨウ素131は体内に取り込まれると、甲状腺がんを引き起こす恐れがある。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。