外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 強い寒気の影響で日本列島は2日、北―西日本の日本海側を中心に引き続き大雪となった。気象庁によると、ピークは2日だが、3日にかけても降り続く見込みで、雪崩や交通障害などへの厳重な警戒が必要だ。3日以降いったん緩む寒気流入が来週中ごろから再び強まる見通しで、日本海側はまた大雪の恐れ。青森市・酸ケ湯で2日観測された最大積雪は435センチと平成18年豪雪で記録した酸ケ湯の最大積雪453センチに迫った。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信