外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 飲酒運転など悪質な交通事故の厳罰化に伴って新設される新たな罪について、法務省が危険運転致死傷罪の類型の一つにする方針を固めたことが27日、同省への取材で分かった。法務省によると、自動車事故関連の規定を刑法から分離し、特別法を整備。現行の自動車運転過失致死傷罪(最高刑・懲役7年)の名称を「過失運転致死傷罪」に変更。さらに、現行の危険運転致死傷罪(同懲役20年)の中に最高刑懲役15年の条文を新設。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信