外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 与党は、参院定数を6増する自民党提出の公選法改正案が17日の衆院政治倫理・公選法改正特別委員会で可決されたのを踏まえ、18日の衆院本会議で採決し、成立を図る。自民党の船田元・党衆院議員総会長は「納得できない」として採決を棄権する意向を表明した。一方、野党は古屋圭司衆院議院運営委員長(自民党)の解任決議案提出も視野に、抵抗する構えだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信