外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 自民、民主両党の参院国対委員長は21日、安全保障関連法案の参院審議に関し協議したが、新設する特別委員会の構成をめぐって不調に終わり、結論を持ち越した。衆院での採決強行に野党が反発し衆参両院とも審議が止まっており、週内正常化は微妙な情勢だ。空転が長引くと、労働者派遣法改正案などの審議に影響する可能性がある。

共同通信