外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 米グーグルの日本法人は30日、今月の参議院選挙で政党などの公式インターネットサイトを一度でも利用した有権者の割合は、最も多い自民党でも約1%で、およそ100人に1人だったとの調査結果を発表した。政党とその候補者の公式サイトが対象で利用率は、自民党が1・18%。続く民主党、日本維新の会、公明党がそれぞれ0・34%、など。グーグルは「公式サイトは情報収集手段としてほとんど活用されていない」と分析。

共同通信