外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 7月の参院選(選挙区)で最大5倍の「1票の格差」が生じたのは憲法違反だとして、弁護士グループなどが全国8高裁と6高裁支部で選挙の無効を求めた訴訟のうち、仙台市の有権者の男性が原告となった訴訟の判決で、仙台高裁(小野貞夫裁判長)は24日、違憲状態に相当するとの判断を示した。無効請求は棄却した。原告側は判決を不服として上告する方針。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信