外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 第23回参院選が公示された4日、与野党の党首は街頭演説などを行い、21日投開票に向けた17日間の選挙戦が本格化した。安倍晋三首相(自民党総裁)は、成長戦略を含む経済政策「アベノミクス」により「暗い空気が一変した」と成果をアピール。民主党の海江田万里代表は「電気やガス料金は値上がりし、賃金は上がっていない」と訴え、舌戦を繰り広げた。

共同通信