外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 今年夏に実施される第23回参院選に向け、選挙区と比例代表を合わせて計169人が立候補を準備していることが12月31日までの共同通信社の調査で分かった。3年前の同時期調査に比べ約30人少なく、昨年の衆院選の直後で各党とも擁立作業が進んでいない。参院選は政権に復帰した自民、公明両党の実績が審判を受ける。与党が参院過半数を達成するのか、野党が選挙協力し「ねじれ」を維持できるのかが最大の焦点だ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信