外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】ヘーゲル米国防長官は2日、国防総省でハモンド英国防相と会談後、共同記者会見し、シリア情勢をめぐり「反体制派への武器供与は選択肢の一つだ」と述べ、関係国と協議していることを明らかにした。武器供与はクリントン前国務長官やパネッタ前国防長官が在任時に主張したが、オバマ大統領が却下した。アサド政権が化学兵器を使った可能性が高まった先月以降、オバマ政権高官が武器供与検討を公に認めたのは初。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信