ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

反捕鯨のワトソン容疑者が初出廷

 【シアトル共同】日本鯨類研究所が米国の反捕鯨団体「シー・シェパード」などを相手に、調査捕鯨妨害の差し止めを求めた民事訴訟の審理が6日、米シアトルにある連邦高裁の法廷で行われ、同団体の創設者ポール・ワトソン容疑者(62)が初めて出廷、妨害活動や近況について証言した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。