外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ラパス共同】大統領の連続再選を可能にする憲法改正を受けた南米ボリビアの大統領選は6日開票され、地元メディアの出口調査によると、反米左派の現職モラレス大統領(50)が、右派ボリビア発展計画党のレイジェスビジャ前コチャバンバ県知事(54)に大差をつけて再選を確実にした。同時に実施された国会議員選挙でも大統領与党の「社会主義運動」(MAS)は上下両院で過半数の議席を確保する見通し。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信