外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【リオデジャネイロ共同】中南米の左派政権の中心人物で、反米姿勢と過激な発言で知られた産油国ベネズエラのウゴ・チャベス大統領が5日、入院中の同国内の病院で死去した。58歳。マドゥロ副大統領が国営テレビで発表した。チャベス氏は骨盤付近のがん手術を繰り返し受けて闘病を続け、1月の4期目の就任式も欠席していた。憲法の規定では、大統領が就任後4年以内に死亡した場合、30日以内に大統領選の手続きが行われる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信