世界の出来事

 受動喫煙防止のための健康増進法改正を巡り、厚生労働省と自民党が大型連休明けに、同省がまとめた骨子案の修正に向け協議を始めることが2日、分かった。屋内禁煙の徹底を掲げる厚労省は、激変緩和のため新たな規制までの猶予期間を設けるなどの小幅修正で済ませたい一方、党内には根本的な見直しを求める意見があり、調整は難航が予想される。

共同通信

 世界の出来事