外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】地球温暖化に伴う気温上昇の影響で、北米と欧州にすみ果樹や野菜の受粉に役立つハチの仲間「マルハナバチ」の生息域が過去約100年で大きく縮小したとする研究結果を、カナダや米国、英国などのチームが米科学誌サイエンスに9日発表した。

共同通信