外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本産科婦人科学会は13日、体外受精した受精卵の全ての染色体異常を調べることができる「着床前スクリーニング」(受精卵検査)の臨床研究を承認した。今後は来年に公開シンポジウムを開催し、関係者の意見を聞いた上で最終調整し、来年度にも開始する。

共同通信