外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 不妊治療で体外受精させた受精卵の一部を採取し、染色体の異常を調べる新しい「受精卵診断」の臨床研究の計画案を、日本産科婦人科学会の小委員会が20日までにまとめた。異常がない受精卵を子宮に戻して、流産を減らせるかを検証する狙い。染色体の異常にはダウン症なども含まれ、「命の選別」につながるとの批判も出そうだ。

共同通信