外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 遺伝子や染色体の異常を調べる受精卵診断(着床前診断)をしている医療機関で3施設が患者の遺伝情報の閲覧を制限していないなど、多くの機関で管理体制が不十分であることが、厚生労働省研究班(主任研究者・吉村泰典慶応大教授)の調査で2日までに分かった。

共同通信