外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】AP通信によると、今年のノーベル文学賞受賞が決まったペルー出身の作家マリオ・バルガス・リョサ氏は7日、滞在先の米ニューヨークで一部メディアと会見し「自分が世界市民になったような気がする」との感想を表明。同氏は自分自身が「一カ所に孤立せずに」活動してきたと述べた上で「文学は特定個所に深く根差していたとしても孤立してはならず、普遍的でなくてはならない」と語った。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信