外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 鹿児島県屋久島町は4日、噴火で全島避難が続く口永良部島の住民が7日に一時帰島すると発表した。台風の接近を前に、住宅の雨戸を閉めるといった対策をするのが目的。住民約75人が参加する予定で、町の職員や九州電力の作業員らを含めると計約140人になる見込み。噴火後に住民らが上陸するのは5回目で、最大規模になる。

共同通信