外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 宮崎県の口蹄疫問題で国や県の対応が適切だったかどうかを調べている農林水産省の口蹄疫対策検証委員会は15日、中間報告をまとめた。発生の際には国が緊急支援部隊を派遣することや、国が強制調査できるように権限を強化することなど感染拡大防止に向けた改善策を提言した。また宮崎県については予防措置などで「自らの役割を十分に認識していなかったのではないか」と批判した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信