外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 宮崎県が口蹄疫の疑われる症状の牛1頭を6月に発見しながら国へ報告せず、殺処分していたことが15日、分かった。家畜伝染病予防法は疑似患畜を見つけた場合、国への通報を義務付けている。農水省は同法違反の疑いもあるとみて、県から詳しく事情を聴いている。農水省によると、現場で口蹄疫ではないと判断したが、殺処分に立ち会った獣医師に事情を聴いたところ、口蹄疫とみられる症状があったという。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信