外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 口蹄疫問題で宮崎県は22日、県内で飼育されている牛や豚約94万頭すべての安全確認に向け、獣医師による目視検査を開始した。8月11日までに約7700戸の畜産農家で検査を実施。発生農場などに残っているふん尿の堆肥化処理が終了する同27日に安全宣言を出す。県内で最後に残っている宮崎市の発生農場を中心とする家畜の制限区域は、今月27日午前0時に解除する方針。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信