外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 古代ローマ時代に、現世の恨みを死者の魂に託した「呪いの鉛板」を京都大の発掘調査団がレバノンの墓地で発見し、7日、報道陣に公開した。同様の鉛板は古代ローマの遺跡で見つかっているが、文字がはっきりと解読できるのは珍しいという。鉛板は2~4世紀のものとみられ、丘にある大規模な地下墓の入り口付近で見つかった。幅6センチ、長さ14・7センチで、古代ギリシャ文字で“呪い”が書かれている。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信