外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 群馬県渋川市の金井東裏遺跡で、古墳時代に当たる6世紀初めの火山灰の地層から、武具のよろいを着けた人骨1体が、同県埋蔵文化財調査事業団の発掘調査で出土したことが10日、分かった。遺跡の近くでは、榛名山(群馬県)が5~6世紀に数回噴火したことが知られている。今回の人骨は火砕流に巻き込まれたとみられる。よろいは古墳の副葬品として出土することが多いが、同事業団によると、装着した状態で見つかるのは初めて。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信