外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【台北共同】台北市労工局は24日までに、日本航空台湾支店が今夏解雇した乗務員らについて、解雇には「年齢差別」があり就業サービス法に違反しているとして、同支店に罰金60万台湾元(約170万円)の支払いを命じる処分を行った。台湾支店は本社の経営再建の一環として、一方的に雇用契約を解除。労工局の23日の発表によると、解雇された18人の乗務員に占める高齢者の割合が明らかに高いと判断した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信