外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【台北共同】出生率が昨年、国・地域として世界最低となった台湾で、今年は出生率がさらに下がり、1人の女性が一生に生む子どもの平均数が1人を割り込むとの予測を台湾政府が発表した。17日付の台湾各紙が報じた。とら年生まれの子どもは性格がきつくなるため出産を避けるべきだとの華人社会の慣習も影響しているという。少子化の根本的な原因は、女性の高学歴化や晩婚化。今後はさらに深刻化するとみられる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信