外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【台北共同】台湾統一地方選挙の惨敗の責任を取って与党国民党の主席を辞任した馬英九総統(64)の後任に、同党中堅のホープとされる朱立倫・新北市長(53)が就任することが21日、ほぼ確実となった。同日締め切られた主席選挙の立候補に朱氏だけが届け出た。党の規定で候補者が1人でも来年1月17日の選挙は実施される。

共同通信