外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【台北共同】台湾の台北地方法院(地裁)は30日、馬英九政権の要の行政院(内閣)秘書長を務め、職権を利用した恐喝罪などに問われた林益世被告(44)に懲役7年4月、公民権停止5年などの有罪判決を言い渡した。馬総統の側近については、最近も頼素如台北市議が収賄容疑で取り調べを受けており、今回の林被告に対する判決は、各種世論調査で支持率が10%台に低迷する馬総統に打撃となりそうだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信