ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

台湾、中国の侵攻阻止へ実弾演習

 【馬公(台湾澎湖)共同】台湾の陸海空3軍は17日、台湾海峡の離島、澎湖諸島で中国軍の侵攻を想定した恒例の大規模演習「漢光」を実施し、内外メディアに公開した。2008年就任の馬英九総統が軍トップとして初めて指揮し、就任後に控えていた実弾演習も実施した。国家主席に3月就任した習近平氏の中国新指導部に対し、中台統一に向けた政治的対話に当面は応じないとの姿勢を示す狙いがある。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。