外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【台北共同】台湾南部台南市で起きた日本統治時代の日本人技師銅像の損壊事件で、与党民主進歩党(民進党)の頼清徳台南市長は徹底捜査と像の早期修復を指示した。だが、野党国民党の市議らは、初代総統である蒋介石の銅像が損壊された際には、市長は像を撤去しており、対応に落差があると批判している。

共同通信