ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

台湾、新たな対中交流モデルを

 【台北共同】台湾の与党、民主進歩党(民進党)は24日、台北市内で年に1度の党大会を開催した。蔡英文党主席は公的な対話が途絶えている中国との関係について「台湾の主体性と主権を堅持する原則の下で、新しい交流のモデルを模索しなければならない」と述べ、中台は不可分の領土とする「一つの中国」原則は受け入れない姿勢を維持する考えを改めて表明。

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。