外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【台北共同】台湾の馬英九総統は3日、11月29日の統一地方選で与党国民党が惨敗した責任を取り、党主席を辞任した。総統としての残り任期が約1年半の馬氏はレームダック(死に体)化が加速、これまで進めてきた対中国関係強化などに向けた政策の停滞は必至だ。2016年次期総統選を前に、与党や政権の混乱が続き、台湾政局の流動化は避けられない見通し。

共同通信