外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 大型の台風18号は15日、発達しながら日本の南海上を北上、暖かく湿った空気が流れ込んで東北から西日本で大雨となった。16日午前に東日本の太平洋側に上陸する可能性が高く、気象庁は大雨や暴風、高波、高潮への警戒を呼び掛けた。台風は風速25メートル以上の暴風域を伴い四国沖から紀伊半島沖を北東に進む。速度を速めて上陸後、16日夕にかけて東北南部を通過の見通し。局地的には1時間に100ミリの猛烈な雨の恐れ。

共同通信