外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 台風21号が1993年以来25年ぶりに最大風速44メートル以上の「非常に強い」勢力を維持したまま上陸してから11日で1週間。記録的暴風が吹き荒れ、10日までに5府県で計13人が死亡、けが人は29都道府県の827人に上った。沿岸部各地は過去最高の高潮に襲われ、連絡橋破損も加わり関西空港は機能喪失した。気象庁は警戒を呼び掛けたが深刻な被害が生じた。温暖化の影響で今後も台風は強大化する恐れがある。備えに課題を残した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信