外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 九州北部の豪雨で甚大な被害を受けた福岡、大分両県では6日、台風5号の接近に備え、住民約1万6千人に避難指示を出すなど二次災害の防止に厳重な警戒をした。豪雨による土砂や流木が今も大量に残り、自治体は土砂崩れ現場を補強するなどの応急対策を実施。住民らは避難所に身を寄せ、不安を募らせた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信