外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 大型の台風18号は16日午前8時前、愛知県豊橋市付近に上陸し、関東甲信から東北を縦断して太平洋に抜けた。上陸前から広い範囲で大雨となり、気象庁は午前5時5分、福井県、京都府、滋賀県に大雨特別警報を発表した。8月30日の運用開始後初めて。台風を取り巻く雨雲が流れ込み、15日午後から雨が降り続いていた。各地の警察などによると、岩手、福島、三重、福井、滋賀、兵庫の6県で3人が死亡し、5人が行方不明。

共同通信