外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 非常に強い台風18号は7日、九州近海を北上、大隅半島一部が風速25メートル以上の暴風域に入った。勢力をほぼ維持したまま8日に四国から東海にかけて接近、2年ぶりに上陸し、9日にかけ本州を縦断する見込み。気象庁は厳重な警戒を呼び掛けた。台風は7日午後3時現在、鹿児島県の種子島の東南東約160キロを時速約35キロで北北東に進んだ。中心気圧は945ヘクトパスカル。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信