外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 台風19号は3日、小笠原諸島近海を発達しながら北上した。4日にかけて関東の東海上から三陸沖を加速しながら進む見込み。動きが速く、進路に当たる場所では急に風が強まるとして、気象庁は警戒を呼び掛けた。4日夜には日本の東で温帯低気圧に変わるが、さらに発達する予想だ。気象庁によると、4日は伊豆諸島と関東、東北の太平洋側の海上で大しけになるという。茨城、千葉両県の沿岸も高潮に注意が必要。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信