外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 台風23号は2日、フィリピンの東海上を発達しながら北上した。5日には風速25メートル以上の暴風域を伴って沖縄に近づく恐れがある。気象庁は、沖縄では3日から次第に風が強まり波も高くなるとして注意を呼び掛けた。一方、台風22号は関東の東海上を北上。3日未明には三陸沖で温帯低気圧に変わる見込みで、周辺の海上や太平洋沿岸では強風や高波に注意が必要だ。

共同通信