外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 非常に強い台風24号は7日、沖縄本島の東海上を北西に進んだ。勢力を維持して夕方から夜にかけ、沖縄本島や鹿児島県・奄美地方に接近する見込みで、気象庁は暴風や高波などに厳重な警戒を呼び掛けた。進行が速いため、急速に風が強まるという。8日は九州に近づく恐れがある。気象庁によると、24号は7日未明、非常に強い台風に変わり、暴風域に入った沖縄県・南大東島で朝に瞬間風速35・6mの非常に強い風を観測した。

共同通信