外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 台風24号は9日、山陰から近畿沖を東寄りに進み、午前9時に石川県・能登沖で温帯低気圧に変わった。山陰から東北の日本海側では海上を中心に非常に強い風が吹く見込みで、気象庁は暴風、高波に引き続き警戒するよう呼び掛けた。気象庁によると、9日午前、島根県隠岐の島町で瞬間風速40・9メートル、愛媛県伊方町で31・4メートルの非常に強い風を観測した。

共同通信