外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 大型で非常に強い台風26号は14日、沖縄県南大東島の東の海上を北上。15日夜から16日にかけて本州の太平洋側にかなり接近する見込みで、気象庁は西日本から北日本にかけた広い範囲で暴風や高波、大雨に警戒するよう呼び掛けた。気象庁によると、15日午前0時現在、南大東島の東南東約300キロを時速25キロで北北西に進んだ。中心気圧は935ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45m、最大瞬間風速は60m。

共同通信