外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 大型で強い台風26号は15日、進路を東寄りに変え、徐々に加速しながら日本の南海上を北上した。紀伊半島などを風速25メートル以上の暴風域に巻き込み、16日明け方から朝に関東に接近、上陸する恐れがあり、気象庁は西日本から北日本の広い範囲で暴風や高波、大雨に厳重な警戒を呼び掛けた。気象庁は「関東に接近する台風では10年に1度の勢力」と説明。東日本上陸で過去最大級の2004年10月の台風22号に次ぐ規模。

共同通信